子(わか)と働くママの日々の生活


by maki_sd

急遽卒業へ

卒乳、というか断乳しました。
おととい、9日の夜から。

以前から2歳になったら、と漠然と考えていたのだけど、
あまり先を考えない私の悪い習慣が災いして、
2歳になったときにチャレンジできず。

でも、その頃から、「もう2歳でおねえちゃんだからおっぱいバイバイしようね」と
ときどき言っていた。
そのせいか、最近すごーく甘えんぼモードで、
保育所から帰ってくると、ずーっと「だっこお」。
迎えに行く前にご飯は作ってあるのだけど、
ご飯を食卓に運ぶのもだっこのままということが続いていた。
2歳のいまだに食べムラがあるのも気になっていたし。

そんなとき、保育所で
「食べムラはおっぱいやめればなおるわよ。
 今やめないと、遅くなるにつれて大変になるよ」
といわれ、やはり今こそ、と決意。

その直後にインフルエンザにかかって、また延期になり、
パパママの休みなども考慮しつつ、と思っていた。

そんなときに保育所の連絡ノートのメッセージで
「今の状態が続くとわかちゃんにとってもママにとってもつらいですよね」
とあって、ものすごい納得。

あすかあさってくらい、なんて思っていた中、
寝るときに「おっぱい」というので、あげようとしたのだけど飲まない。
甘えてママを独占したい、というだけなのが明らかだったので、
急遽、決行することにした。

私の宣言。
「もうおっぱいはやめよう」

それを聞いたわかは抱きついて大泣き。
こんなに泣いているわかを見て
私も泣いちゃいそうだった(っていうかちょっと泣いた)けど
わりとすぐ泣きやみ、遊び始めた。
その後も、時折、「おっぱい~」と言い、寝付けなかったけど
パパにぞうさんのビデオ(世界ふしぎ発見!)を見せてもらって、
口寂しいのでパンも食べて、ようやく寝られた。

翌日、私が早番で朝からいなかったせいか、パパと2人でご機嫌に遊んでいたらしい。
私と会って、何度かおっぱいの要望があったけど、
ぬいぐるみやクレヨンなど違うことに気持ちを向けたら、あっさりそちらへ。
夜はまたぞうさんビデオで寝た。

もう一夜明けたら、おっぱいとも言わず・・・。
寝るときに一度だけどおっぱいを欲しがったけど、またまたぞうさんビデオでねんね。

そして、けさもおっぱいとは言わず。
ママと一緒で(普段、ママは仕事でいない事の方が多い)
いっぱい甘えていたので、少し遊んでから保育所へ。

思ったよりあっさり卒業できたようです。
[PR]
by maki_sd | 2008-02-12 09:32 | わか